毛穴の開きは潤いを保つことが重要?の情報ページ

毛穴の開きは潤いを保つことが大事

毛穴の開きは肌の潤いを保つ上で重要

自分のお肌をよく観察してみると、以前よりも毛穴の開きが目立っていることに気がつく方も多いと思います。

 

本来であれば毛穴は開きっぱなしになるわけではなく、通常であればきちんと閉じているはずです。

 

赤ちゃんのように若い年代のお肌であるほど、毛穴が開いた状態で目立つことはありません。

 

毛穴の開きが目立つ原因として考えられることは、過剰に皮脂が分泌されていることと、お肌のたるみが生じていることです。

 

私達のお肌は適度な皮脂が存在してため、潤いを保つことができています。

 

健康的なお肌の状態である方は適度な皮脂を保っていますが、生活習慣の乱れやストレス、加齢などが原因で皮脂が過剰に分泌されるようになると毛穴を必要以上に広げてしまいます。

 

10代の頃はホルモンバランスが乱れがちであるため皮脂が過剰に分泌されやすいですが、お肌のハリを維持できるためきちんと毛穴を閉じることができます。

 

しかし年齢を重ねてハリを保つことができなくなった状態では、たるみが生じたままになるため毛穴を閉じることが難しくなってしまいます。

 

これが毛穴が開きっぱなしの状態になる最大の原因だと考えられます。

毛穴の開きは潤いを保つことが重要? 記事一覧

毛穴の開きは潤いを保つことが重要? 先頭へ戻る