30代でも加齢臭になるのか?の情報ページ

30代でも加齢臭でプンプン臭うのか?

加齢臭でプンプン臭う?

人間は歳を重ねると、男女にかかわらず独特のいやな臭いを発します。

 

この臭いの原因とされるのが、ノネナールという物質です。

 

これは、歳とともに代謝機能が衰えることにより生ずるものです。多くは40代から発生しますので、加齢臭の原因とされていますが、まれに30代の人でもノネナールが発生しているケースもあります。つまり、30代でも加齢臭になる場合があるのです。

 

ただ、30代の身体の臭いの原因は、ノネナールではなく、「ペラルゴン酸」とよばれる物質によるものが多いとされています。これは、ノネナールによる加齢臭とは異なり、30代の人に特有のものとされています。臭いもノネナ−ルによるものとは若干異なります。これは、30代の加齢臭とも言われています。

 

しかし、原因物質やその臭い自体はことなるものの、皮脂から生じる脂肪酸の酸化によるものとしては同じですし、他人に不快感を与えることも変わりありません。そのため、やはり加齢臭の場合と同じく、普段の生活から注意をすることが重要と言えるでしょう。

 

すなわち、食生活を動物性のものから植物性などの抗酸化作用のものを多く食べることや、ストレスを抱え込まない、毎日軽い運動を行う、などの意識付けが大切です。

 

ちなみに、このペラルゴン酸には、メマツヨイグサ抽出物質が効果があることがわかっており、これを利用したボディソープなどのデオドラント製品も数多くあり、利用するのも大いに有効です。

 

多くは仕事のストレスとの関係があるのでストレス対策をしながら運動や食生活、運動後の筋肉を休めるためにマッサージやストレッチなどしていくとより効果的でしょう。

30代でも加齢臭になるのか? 記事一覧

30代でも加齢臭になるのか? 先頭へ戻る