肌のバリア機能を司っているセラミドの情報ページ

肌のバリア機能を司っているセラミドという成分

肌のバリア機能を司っている成分

肌のバリア機能を司っているのはセラミドという成分ですが、普通の化粧品にセラミドが配合されていてもあまり効果はありません。

 

というのも、セラミドは分子が大きいためにそのまま配合されていたとしても、肌に浸透していかないのでニキビの炎症を抑えられるぐらいの効果を得ることができないのです。

 

ですが、セラミドをしっかり補給しないとバリア機能は回復しないままになりますから、炎症を抑えることもできなくなってしまいます。

 

ですのでニキビの炎症があるときのケア方法は、浸透しやすくナノ化されたセラミドを補給してあげるようにしましょう。

 

また毛穴に汚れ等たまっている場合も多いので、化粧水など浸透性も悪くなりやすいですから、クレンジング&洗顔料も毛穴ケア用に特化したのを選びましょう。

 

また毛穴落ちするファンデーションを使用していると毛穴が詰まりやすくニキビもできやすいので、毛穴を隠すファンデーションをお使いの方は、よりクレンジングなども毛穴の汚れが落ちるタイプにしておくというのが肌表面が乾燥しないポイントです。

肌のバリア機能を司っているセラミド 記事一覧

肌のバリア機能を司っているセラミド 先頭へ戻る